不安解消の方法はたった1つ【ハラの声を聴こう】

あなたは今、不安がありますか?
不安解消しようといろんな方法を試しても、やっぱり変わらない日々を過ごしていませんか?

このご時世、不安が全くない人は中々いないかと思いますが、
不安を感じにくい人と不安を感じやすい人、何が違うんでしょうか?

コロナを始めとする健康に関すること、
仕事の事、プライベートの事…

頭の中をぐるぐるぐるぐるめぐるその不安を解消するための方法はたった1つです。

「その方法知りたい!」と思う方も、
「いやいや、そんなの無理だから。」と思う方も、
あなたの不安をワクワクに変えるこの方法をぜひ試してみて下さい♪

不安解消のためのたった1つの方法とは【ハラの声を聴くこと】!?

ハラは腹です。
お腹の声を聴くことで、あなたの不安は解消されワクワクに変わります。

東洋医学では、不安は胃・脾臓と関わりがあるとされています。
左肋骨のあたりです。
思い煩いやすい人は、ここがボコッと出ている人も多いです。

ハラの声を聴くこと、の具体的な方法は、3ステップ。

まず、
「あぁ私、今不安を感じているな」と気づいたとき、
そして1日を終えるとき布団の中で、胃のあたりに手を当てて、よしよししてあげること。

次に、
手の温かさをじんわり感じながら、「いつもありがとう」とお腹に感謝をしてあげること。

そして、
目を閉じて、不安を吐き出すように「はぁぁ~~~~」っと息を吐く。

それだけです。

「場所がなくても、時間がなくても、お金がなくても」今すぐにでも出来ます。

何の文句も言わず、毎日働いてくれている内臓たちに、身体に、感謝しましょう。

昔から「手当て」と言われるように、痛いところには自然と手が行きますよね。
これを「意識的に」してあげると、絶対に身体は答えてくれます。

(+出来れば、胃腸に優しい食生活をしていただけるとより良いです。)

自分で自分を癒す

私も今でこそ、大きな不安なく日々ワクワクを感じながら生きることが出来ていますが、
ヨガをしっかり学ぶまで、それはそれは不安になりやすいタイプでした。

心臓のあたりが、キュッとする感覚をよく覚えています。
急に来る「(自他ともに)死ぬんじゃないか」という謎の不安もよくありました。

そういった不安を見て見ぬふりをしていました。心に蓋をするように。

今となれば、不安を見て見ぬふりをするより、しっかり見てあげてほしいと思うけれど、
不安の渦中にいると、見て見ぬふりをしてしまうのも無理はないとも思います。

そんな状態で、
何かにすがりたくて学んだヨガで、「自分で自分を癒す」ことが出来ると知り、驚きでした。

私もセラピストをしていて、人を癒す立場なので、誰かの手を借りることの大切さもよく知っています。

が、自分で自分を癒すことが出来たら、24時間ケアできますよね。

全人類がこの方法を知ると、世界は平和になる、と壮大な思いを巡らすくらい、
自分で自分を癒すって大事だなと思っています。

自分で自分を癒すために必要なこと

自分で自分を癒すために必要なことも、「ハラの声を聴くこと」です。

「何とかして不安を消さなきゃ!」と思わなくて大丈夫です。

焦らずに、自分が心地よくいられる場所で過ごしたり、心地よさを感じることをしたり。
(=ハラの声を聴くこと)

そうこうしていたら、いつの間にか癒えています。
不安とご対面は、しっかり癒えてからで十分です。

不安も私たちと同じように、24時間監視なんてされたくないはずです。
適度に無視をするためにも、ぜひお腹に手を当てて下さい。

意識的に頭を休める

何をしようとしていなくても、ついつい頭が働く現代社会です。

お仕事だけならまだしも、
スマホにパソコン、テレビからあふれ出てくる必要以上の情報。
時短!効率よく!を目指す社会。
SNS等、誰かと常につながっている世界。

頭は自分が思うより疲れています。

眠りが浅い、寝ても疲れが取れない、という方が多いですが、
昔に比べて現代の人は体を動かすことが少なく、体が疲れていないため、そういった不調が現れやすい現実があります。

1日5分でも10分でも、「意識的に」頭を休めてあげることを自分に約束してくださいね。

(自戒を込めて…♪)

最後に

そして最も大切なのは、「人間だもの」という気持ちを持つこと。

人間だもの、不安だって感じる!
人間だもの、完璧になんてなれない!

こう感じられないからしんどさを感じている方も多いと思いますが、
大丈夫です。

お手当てを続けていくと、人生が変わりますよ♪

温美

 

 

関連記事

  1. 第3回呼吸法WS無事終了いたしました♪

  2. 第2回呼吸法WS無事終了しました♪

  3. この世で100%完全なものなんてない

  4. 神様の正体

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP