ヨガの聖地、リシケシへ女一人旅体験談♪②ーハリドワールへ バラナシとの違い

こんにちは。

前回の記事では、リシケシ女一人旅へ行った時のことを書きました。

この記事では、リシケシへの玄関口ハリドワールについて書きたいと思います。

ハリドワールとは

ハリドワールとは、インド北部にあり、ガンジス川上流に位置しているヒンドゥ教の聖地。

ハリドワールという地名自体に「ハリ=神様」「ドワール=入口」という意味があり、

「神様に会う場所」といった意味が込められています。

リシケシと違い、ハリドワールはあまり聞きなれない場所でしたが、

リシケシに行くには誰もがほぼ必ず経由する場所ということで行ってきました♪

デリーからの行き方

デリーからハリドワールまでシャタブディエキスプレス電車が出ており、

これに乗ると乗り換えなしでハリドワールに到着できます。

だいたい4時間くらいでしょうか。が、インドなので、時間に余裕をもって行動することをオススメします!

30分くらいなら遅れていないのと同じだそうです。( ;∀;)

時間のある方はバスなども出ていますが、玄人向けです。

旅慣れない方、特に女性は迷わず電車を使ってくださいm(__)m

リシケシからハリドワール

リシケシからハリドワールまではバスが出ています。

もちろん逆の方向、ハリドワールからリシケシへもたくさんバスがあります。

だいたい1時間くらいで到着します♪

ハリドワール観光

ハリドワールの観光と言えば、昔ながらのバザールであるモーティ・バザールや、

山の上にあるマンサ・デヴィ寺院などが有名ですが、

何よりもやっぱりオススメは、バラナシとは比べ物にならないくらいきれいなガンジス川!

本当にきれいで冷たくて、気持ちがいいです。

さすがに全身浸かっての沐浴はしていませんが、足だけ浸けて、沐浴気分を味わいました♪

ガンジス川本流は流れが速いため、支流のほうで試すことをオススメします。

ハリドワールのプジャ(祈りの儀式)

ハリドワールのガンジス川沿いハリキパイリ・ガートというところでは、

毎晩プジャという祈りの儀式が行われています。

薄暗くなるにつれて、人が増えてきました。

すごい人です!リシケシは比較的のんびりしていたので、ちょっとびっくり。

皆さん、こんなかんじのおじさんにお金を払って何かしていました。

私はよくわからず見様見真似。

プジャの最後には、明るいうちに買っていたお供えもの?を

ガンジス川に流しました♪

熱心に神様に祈りをささげているインド人の姿を見て、感動。

非日常的な時間でした。

バラナシと比べて

ガンジス川

(2枚ともバラナシのガンジス川の様子)

バラナシのガンジス川は…絶対に入らないでください( ;∀;)

友人で入った人は、もれなくお腹を壊しています…。

現地の人は免疫があるので大丈夫ですが、私たちはやめておくのがBESTです。

現地人も「辞めといた方が…と言っていました。」

ハリドワールは、うーん、どうでしょう。人によるかな…

リシケシはもう少しきれいな感じがします。

しかし旅慣れていない日本人は、リシケシ・ハリドワールでも足をつけるくらいにしておいた方が無難です。

舟からの朝日in バラナシ

朝は人も少なく、穏やかな時間が流れていました(*^_^*)

バラナシのプジャ(祈りの儀式)

リシケシを訪れる数日前、バラナシでもガンジス川沿いで行われているプジャを見ました。

(バラナシでのプジャの様子)

私の個人的な感想ですが、

バラナシの方がセレモニー感は強かった感じがします。

ハリドワールはみんなで祈っている感じ、

バラナシはプジャというショーを見ている感じ、がしました。

どっちがいいとか悪いではないですが、街自体も雰囲気が違うので、

THEインドのゴミゴミとした神経を消耗するような旅がしたい方はバラナシへ、

澄んだエネルギーの中、インドの雰囲気を味わいたい方はハリドワールへ行ってみて下さい(*^_^*)

まとめ

デリーから電車で4時間ほどで行けるハリドワールは、

バラナシとは違い、とてもきれいなガンジス川が流れています。

バラナシの良さ、ハリドワールの良さ、好みはそれぞれだと思いますが、

ヨガをしている方にはぜひ、ハリドワールとリシケシには行ってほしいです♪

 

SANKARAヨガレッスンの情報はこちら

ヨガの聖地、リシケシへ女一人旅体験談♪①

約5年ほど前、2013年ごろに、

ヨガをしているなら一度は行ってみたい場所「リシケシ」に一人旅してきたときの体験談です(*^_^*)

今ではすこし変わっているところもあるかもしれませんが、

雰囲気や大きな建物などは変わっていないと思うのでよかったらご参考にしてください。

リシケシとは

リシュケーシュ、リシュケシュとも呼ばれる、インド北部にある街。

首都のデリーからはバスで7時間ほど。

ヒマラヤ山脈の麓にある小さな町で、町の中心には有名なガンジス川が流れています。

このガンジス川ですが数日前にバラナシで見たのと同じものだとは思えないほど

澄み切っていて冷たくて、すごく癒されました。

「インドでヨガと言えば?」「リシケシ!」というくらい、

リシケシはヒンドゥー教の聖地であり、ヨガの聖地でもあります。

すごい数のヨガアシュラム(滞在型ヨガスタジオのような感じ)や、

1回から参加できるヨガスタジオ、アーユルヴェーダ施設、等

ヨガが好きな人にはたまらない♡場所、と聞いて行ってきました。

リシケシの治安は?安全?

結論で言うと、比較的安全かと思います。

もちろん海外ですし、その中でもいろんな事件のあるインドなので、

絶対大丈夫!とは言えませんが、

街全体がサットヴァ(神聖)な空気で満たされている感じがして、

それまでのインド生活で疲弊していた私にとってとても安らげる場所でした。

ヨガの聖地ともあり、世界中からヨギー、ヨギーニが訪れています。

欧米人または日本人がすごく多かったイメージです。

リシケシでのヨガレッスン

リシケシへの滞在は、たったの3日!(笑)

ということで、アシュラムに滞在することは不可能で、

インド人の友人に紹介してもらった先生に、ドロップイン(都度払い)のレッスンを受けました。

感想

3日頼んでいましたが、結局2日で辞めました(笑)。

というのも…

何かが合わず…( ;∀;)

雰囲気がちょっと無理だったのと(先生ごめんなさい)

当時の私は、ヨガ歴はだいたい2,3年で、英語も十分には話せない状態でした。

そのため、「日本で日本語で受けた方がいいな」と感じたのです。

アシュラムに滞在をしたりすればまた違った結果になっていたかもしれませんが、

3日しかないリシケシだったので、ヨガ以外を満喫することにしました。(笑)

リシケシ観光

ヨガのレッスンもなくなり!

観光に全力を尽くすことにしました♪

ビートルズの滞在したアシュラム(マハリシ・アシュラム)

これはかの有名なビートルズが数か月滞在した、アシュラムです。

マハリシ氏という先生について、ヨガや瞑想などの修行をされていたそうです。

「Black Bird」「Dear Prudence」「Revolution」などの曲がここで生まれたとのうわさがあり、

ファンの方にとっては聖地になっているそうです。

入口で50ルピーくらい(当時約100円)を管理人さん?に手渡すと入れました。

こんな感じのドーム型の建物が点在していました。

これらは瞑想小屋だそうです。

ファンが描いたであろうと思われる壁画がたくさん!

全体的にいつ崩れてもおかしくないような状態で、ボロボロなのですが、

すごく味があって、長居してしまいました♪

リシケシの街並み

リシケシは本当に、町全体が穏やかで、

インドの他の場所とは全然違う雰囲気があります。

歩いているだけで癒されるような、素敵な場所でした。

有名なハヌマーン神。心臓ぱっくり…👀

こちらも有名な、クリシュナ神。

町の至る所に、いろんな神様の像がありました。

こちらは有名な景色♪ 橋の上から撮影した記憶があります!

リシケシオススメレストラン

リシケシにはおしゃれなカフェやレストランもいっぱいありますが、

インド人の友人が、ぜひここは!とオススメしてきたので行ってきました。

チョティワラ(Chotiwala Restaurant

この方、オーナーさんらしいです。(笑)

お店の前に座って、お客様をお迎えしていました。

皆が写真を撮っていて、人気者でした♪

で、ご飯は…

THE 北インドな感じで、注文しました♪

普通においしかったです(*^_^*)

ただ味より、オーナーのほうが記憶に残っています。

まとめ

リシケシは女性一人で行っても、そこまで心配のない場所かと思います。

町全体が穏やかです。

が、リシケシにつくまでは気を付けて下さい…。

今はいい思い出ですが、私はもう、げっそりでした(笑)

次回の記事では、リシケシからすぐのハリドワールという場所について書いていきたいと思います(*^_^*)

 

PAGE TOP