ウィアンクムカーム遺跡inチェンマイ*龍神さまに呼ばれた?

こんにちは、温美です(*^_^*)

 

チェンマイの街中から少し離れた場所にある「ウィアンクムカーム遺跡」。

今回のチェンマイは4度目で、
このウィアンクムカーム遺跡は今回3度目…(笑)

何か好きなんですよね~

今回は行く予定ではなかったのですが、1日余裕が出来たので…(前回のブログ参照…)

 

「メーサー・エレファントキャンプに行くか」「ウィアンクムカーム遺跡に行くか」

・・・

悩んだ末、両親は初めてのウィアンクムカーム遺跡に行くことになりました(*^_^*)

 

そこで!なんと!龍神さまに出会ったーーーー?!

 

ウィアンクムカーム遺跡とは

ウィアンクムカームとは、今のチェンマイの前に都だったところ。

 

京都で言う、大津のような存在?(笑)

低地のため度重なる洪水に悩まされて、

現在のチェンマイ中心部に都を移したんだそう。

 

今も雨季(7~10月ごろ)には遺跡が浸水することもあるそうなので、

行こうと思っている方は注意してくださいね(*^_^*)

↑ルーレットみたいなおみくじ。10B

 

 

旧市街からウィアンクムカーム遺跡までの行き方

ウィアンクムカーム遺跡は、チェンマイ中心地から南東に、車で20分くらいの場所にあります。

 

今回私たちはソンテウ(赤色の乗り合いバス)をチャーターして行ってもらいました。

場所が場所だけに、なかなか行ってくれなかったり、すごく高い料金を提示されたりします…(>_<)

 

今回は

ニマンヘミン→ウィアンクムカーム遺跡、1時間待機→ワロロット送り

で400B(1400円くらい)で行ってもらうことが出来ました!

 

高いのか安いのか分かりませんが大人3人+子供1人なので、十分かな…?

 

最初のソンテウには800Bと言われたので、よかったよかった。

(行く前はそんなに遠くないと思っていましたが割と遠くて、しかも良い人で、申し訳なかったので+αお支払いしました。笑)

(2018年11月の情報です!)

 

トゥクトゥクもチャーター可ですが、

チェンマイは何せ空気が悪い…(*_*;

なるべく長距離では、トゥクトゥクに乗りたくないので今回は交渉していません!

 

ウィアンクムカーム遺跡では馬車に乗って遺跡巡りが出来る!

まずは「ウィアンクムカーム遺跡インフォメーションセンター」へ!

(「ウィアンクムカーム」と言えば、おそらくここに送り届けてくれます)

受付で「馬車」もしくは「オープンバス」を選択します。

ちなみに2018年11月の時点で、

  • 馬車300バーツ
  • オープンバス 1~10名400バーツ、11~20名500バーツ

とのことです!

(4年前は馬車が200バーツだった気がする…!)

大人数だったらバスの方がお得ですね~

 

が、もちろん馬車がお勧めです♪

パカッパカッパカッと馬の走る感じが、非日常感をもれなくUPしてくれますよ!

↑馬車

↑オープンバス

家族4人で1台に乗れました(*^_^*)

ふらふらと自分の足で回ることもできますが、そこそこ広いので、ぜひ馬車で♡

龍神さまとの出会い

ある遺跡の前で母に写真を撮ってもらいました♪

 

すると緑の光が写っていて(ちなみに2枚撮って2枚とも)、

「わぁ何か写ってる~」「悪い感じしないし綺麗な光~」とその場では何も考えていませんでした。

 

日本に帰って写真を見返して、調べてみよう、と「緑の光 写真」で検索!

すると「龍神さま」という情報が!!!

 

龍神さまとは?

 

最近夫は神社巡り・お寺巡りにハマっているし、

周りにも詳しい人が多くて、何かと目にする龍神さま。

 

龍神さまとは「金運・仕事運・人間関係運などをパワーアップさせてくれる存在」のこと♪

私はスピリチュアルなことを何となく感じるだけで、言葉にすることは難しいなぁと思っているのですが、

「ああ、これは龍神さまだ」と。

 

というのも、私たちが今回乗った馬車の馬が、

それはそれは暴れまして…(笑)

途中で何回乗車拒否しようかと思ったくらい…幼児抱えているので真剣に。(笑)

 

こんなこと今までなかったし、3回目なのでルートも知ってるけど、どう考えても馬が反対ルートで行こうとしていて。

馬車を運転(?)している人もすごく困ってて、

途中で助けを呼んで(でも馬を替えてはくれない)、何とか馬が落ち着いた…

というときの、この写真。

 

「絶対龍神さまだって~~~!」と、神様に詳しい生徒さんにも言っていただけたので、

そういうことにしておきます♡

 

ちなみに、龍神さまに好かれるには

  • 素直であること
  • 即行動・即実践を心がけること
  • 自分らしく生きること

が大切だそう!

 

チネイザンとヨガを正しく実践すれば、好かれること間違いなしだとニヤニヤしています。

 

最後に

当初の予定では、ウィアンクムカーム遺跡に来ることはありませんでした。

それもこれも、日にちを間違えて空港に行ってしまって、帰れなくなった、というのが発端。

 

スピリチュアル的に、

「これは龍神さまに呼ばれたんだーーーー!」

と思っています。

 

終わり良ければ総て良し!!!(笑)

 

何となく好き、っていうのにも意味があるのかもしれない。

やっぱりウィアンクムカーム遺跡は、惹かれる場所。

一応ホテルとかもありそうなので、今度は泊まってみたいな~

関連記事

  1. オンスクールでチネイザン&カルサイ修行!コムローイとロイクラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP