ヨガの聖地、リシケシへ女一人旅体験談♪②ーハリドワールへ バラナシとの違い

こんにちは。

前回の記事では、リシケシ女一人旅へ行った時のことを書きました。

この記事では、リシケシへの玄関口ハリドワールについて書きたいと思います。

ハリドワールとは

ハリドワールとは、インド北部にあり、ガンジス川上流に位置しているヒンドゥ教の聖地。

ハリドワールという地名自体に「ハリ=神様」「ドワール=入口」という意味があり、

「神様に会う場所」といった意味が込められています。

リシケシと違い、ハリドワールはあまり聞きなれない場所でしたが、

リシケシに行くには誰もがほぼ必ず経由する場所ということで行ってきました♪

デリーからの行き方

デリーからハリドワールまでシャタブディエキスプレス電車が出ており、

これに乗ると乗り換えなしでハリドワールに到着できます。

だいたい4時間くらいでしょうか。が、インドなので、時間に余裕をもって行動することをオススメします!

30分くらいなら遅れていないのと同じだそうです。( ;∀;)

時間のある方はバスなども出ていますが、玄人向けです。

旅慣れない方、特に女性は迷わず電車を使ってくださいm(__)m

リシケシからハリドワール

リシケシからハリドワールまではバスが出ています。

もちろん逆の方向、ハリドワールからリシケシへもたくさんバスがあります。

だいたい1時間くらいで到着します♪

ハリドワール観光

ハリドワールの観光と言えば、昔ながらのバザールであるモーティ・バザールや、

山の上にあるマンサ・デヴィ寺院などが有名ですが、

何よりもやっぱりオススメは、バラナシとは比べ物にならないくらいきれいなガンジス川!

本当にきれいで冷たくて、気持ちがいいです。

さすがに全身浸かっての沐浴はしていませんが、足だけ浸けて、沐浴気分を味わいました♪

ガンジス川本流は流れが速いため、支流のほうで試すことをオススメします。

ハリドワールのプジャ(祈りの儀式)

ハリドワールのガンジス川沿いハリキパイリ・ガートというところでは、

毎晩プジャという祈りの儀式が行われています。

薄暗くなるにつれて、人が増えてきました。

すごい人です!リシケシは比較的のんびりしていたので、ちょっとびっくり。

皆さん、こんなかんじのおじさんにお金を払って何かしていました。

私はよくわからず見様見真似。

プジャの最後には、明るいうちに買っていたお供えもの?を

ガンジス川に流しました♪

熱心に神様に祈りをささげているインド人の姿を見て、感動。

非日常的な時間でした。

バラナシと比べて

ガンジス川

(2枚ともバラナシのガンジス川の様子)

バラナシのガンジス川は…絶対に入らないでください( ;∀;)

友人で入った人は、もれなくお腹を壊しています…。

現地の人は免疫があるので大丈夫ですが、私たちはやめておくのがBESTです。

現地人も「辞めといた方が…と言っていました。」

ハリドワールは、うーん、どうでしょう。人によるかな…

リシケシはもう少しきれいな感じがします。

しかし旅慣れていない日本人は、リシケシ・ハリドワールでも足をつけるくらいにしておいた方が無難です。

舟からの朝日in バラナシ

朝は人も少なく、穏やかな時間が流れていました(*^_^*)

バラナシのプジャ(祈りの儀式)

リシケシを訪れる数日前、バラナシでもガンジス川沿いで行われているプジャを見ました。

(バラナシでのプジャの様子)

私の個人的な感想ですが、

バラナシの方がセレモニー感は強かった感じがします。

ハリドワールはみんなで祈っている感じ、

バラナシはプジャというショーを見ている感じ、がしました。

どっちがいいとか悪いではないですが、街自体も雰囲気が違うので、

THEインドのゴミゴミとした神経を消耗するような旅がしたい方はバラナシへ、

澄んだエネルギーの中、インドの雰囲気を味わいたい方はハリドワールへ行ってみて下さい(*^_^*)

まとめ

デリーから電車で4時間ほどで行けるハリドワールは、

バラナシとは違い、とてもきれいなガンジス川が流れています。

バラナシの良さ、ハリドワールの良さ、好みはそれぞれだと思いますが、

ヨガをしている方にはぜひ、ハリドワールとリシケシには行ってほしいです♪

 

SANKARAヨガレッスンの情報はこちら

関連記事

  1. ヨガの聖地、リシケシへ女一人旅体験談♪①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP