リラクゼーションサロンを辞めた理由*タイ古式マッサージとの出会い

こんにちは。温美です。

リラクゼーションサロン辞めタイ古式マッサージの道を選んだ時のお話です。

 

チネイザンとは!という記事も書きたいのですが、

まずは、私がなぜここで今こうしているのか、どう変わっていったか、

少しずつ書いていけたらなぁと思っています。

 

素敵なリラクゼーションサロンとの出会い

 

私は大学卒業後の22歳のころ(もう9年前…!ひぃ!)、

初めてリラクゼーションサロンで働きました。

 

大学で心理学を学んで、臨床心理士になりたくて、

でも頭がついていかず(笑)、浪人をすることになりました。

大学院を卒業しないと臨床心理士の受験資格がなかったんです。

その時に選んだアルバイトがリラクゼーションサロン♪

(大学時代からしていたBARのアルバイトと掛け持ち!)

「癒し」の仕事がしたいと思い、何件か面接に行きご縁のあったサロンで働かせていただきました。

 

そこがすごくいいお店で。

クイックマッサージと、足つぼマッサージと、ボディケアを習い、

施術をしていました。

 

初めてのことばかりで、至らない点が多すぎましたが、

親指を腫らし氷水に浸けながらも毎日楽しく働いていました。

 

初めてお客さんに入った時のこと、まだ覚えています。

クイックマッサージで、か細い女性の方!

ドッキドキでがっちがちでしたが、何とか新人と悟られないように頑張りました(笑)

 

オーナーがとてもやさしくて、まあまあ人間的にひどかった私を見捨てることなく育ててくれました。

あのお店じゃなかったら、今は無いなぁと本気で思います。

 

施術への違和感とタイ古式マッサージとの出会い

ですがだんだん、もっと1人1人に向き合いたいな、という気持ちが芽生えてきました。

クイックマッサージは最短15分~長くても30分、

足つぼマッサージもほとんど30分くらい、

ボディケアは45~60分。

目まぐるしく、こなすだけの施術に違和感を感じるようになったのです。

 

そんな時、通っていた美容院の美容師さんが、

「この店の裏でタイ古式マッサージをしている人がいるよ」と教えてくれました!

 

タイ古式マッサージに感動!タイ・チェンマイへ修行の旅へ♪

 

その時は今のようにタイ古式マッサージもメジャーではなく、

「何?何?タイ?」と初耳でした。そして興味津々で、即予約(笑)

 

施術を受け、感激♡

「これだーーー!」「どこで勉強したんですか???」

とすごい話し込みました。

 

「タイのチェンマイで勉強したよ」という情報を聞きつけ、

学校について調べまくる日々…

その時聞いたのはCLSという日本人向けの学校でした。

 

「行くしかない!」

 

こんな私を育てていただいたのに申し訳なかったですが、

リラクゼーションサロンを辞めさせていただき、

タイのチェンマイへ飛びました♪

 

たぶん海外一人旅は初めてだったかと思います。

リュックを背負ってTHEバックパッカー!

 

タイ・チェンマイで学ぶこと約1か月半…

ついでにインドに寄って、色んな事件がありつつも何とか帰国。

 

帰国後はタイ古式マッサージ店で働くことになりました(*^_^*)

 

続く…

 

最後に

今までのことを少しずつ思い出して、書き留めていきたいと思います(*^_^*)

あ、そういえば、もう途中から大学院浪人のことはすっかり頭からなくなっている!(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。