子宮ケア・女性性の開放の大切さ

先日、タイの産後ケア「ユーファイ」を受けてきましたドキドキ
ぼんやりと、
「あぁ私、産後ケアってしてなかったな」
と思い、
以前チネイザンの講座で一緒になったミエさんにお願いしました♪
今息子は2歳半。
もちろん身体に良いと言われることは片っ端からやりました(笑)
マッサージも受けたし、ヨガもしているドキドキ
が、「産後ケア」というものを受けなかった。
今回受けて・・・
やっと全身で出産を受け入れられました。
私は、なんだか、
「産後ケア」を初め、「子宮ケア」とか「女性性の開放」とか「妊活」ですら
ちょっと「・・・」(受け入れがたい)
チェンマイでカルサイのトレーニングを受けても
メニューにはなかなかできない
どこかにブロックがある
(でもトレーニング受ける笑)
メニューとして入れていたらそりゃ集客にはなるよね~
キャッチーだし~
という謎のブロックまで(笑)
でも今回ユーファイを受けて、ストンッとそのブロックが取れた感じがありました。
本当に必要なんやわ、これ
と全身で体感。腹に落ちる、腑に落ちた感覚。
私自身が受け入れられていなかったので、そりゃぁお客様にも伝えられるはずもなく。
でも、無理に伝えなくてよかった。
今、腑に落ちてからの言葉で伝えられてよかった。
「産後のガルガル期」って知っていますか?
産後はホルモンバランスやストレスなどが原因で、
本能的に子供を守ろうと、その周りに対してガルガルしし座なることを指します。
ガルガルの内容は様々ですが、
私が思うに、これの原因って、
やっぱり、出産したことに対して心身ともにしっかりケア出来てないことが原因でないかなと思います。
もちろん時間が経つにつれ、収まっては来るでしょうが、
そして私なんて7カ月から保育園に預けたり、義父母や父母に預けたり、
自由にしていたのにも関わらず、まだ続いていた感じがありました。
よく産後は人の手を借りましょう、と言われますが、相当借りました(笑)
でも続いていた…
何が原因か、ユーファイで気づけました。
まず、
「命がけの仕事」を頑張ったと「自分で」認めてあげること。
が大事なのでは、と。
(あ、もちろん、人の手は絶対必要です。)
今回ユーファイを受けて、「よく頑張ったね~」と自分で自分に言ってあげることが出来て
心身ともに楽になったのに加え、
夫にも(少しニヤリ)優しくなったし
子供ともっと遊ぼうと思ったし
何よりお腹周りが痩せた…!ラブ
施術でおなかをほぐしたからとかそれはもちろんなんだけど
心に効いたんだろうな、と。
子宮ケア、女性性の開放、妊活、膣ケア、
今なら言えるし出来る。
本当に大事です。
やっと認められたーーー。
超絶な生理不順も治ってきたし、何気に頸癌も自然治癒している私笑い泣き
だからこそ伝えられることを伝える。
体と心を、そして子宮を整えること。
同じ女性として、たくさんのお話を聞きたいなぁと思います。
そして!
私をガルガル期から脱出させてくれたミエさんが、ユーファイの講座をされます!!
私も参加しますドキドキ
ぜひぜひぜひご興味のある方はご参加ください!
講座後~、モニター様も募集しますのでお楽しみに音譜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。